読書する時に聴きたい曲は?の結果がおもろい


ヤマハの読書する時に聴きたい曲は?のアンケート結果が自分にとってはとても不思議で面白い。ヤマハのアンケートだから、おそらくそもそも音楽が好きな人が回答している可能性が高くて、読書をする人の一般的な感覚とは異なるような気がするが、それでもおもろい。
“読書する時に聴きたい曲は?の結果がおもろい” の続きを読む

俺が叩いた。ポンタ、70年代名盤を語る

先日、村上”ポンタ”秀一の「俺が叩いた。ポンタ、70年代名盤を語る」を衝動買い。今、途中まで読んだところ。
俺が叩いた。ポンタ、70年代名盤を語る
なんかもう、あらゆるジャンルのミュージシャンの名前が出てきて、おもしろくてたまらん本である。ドラマーというポジションは、フロント楽器と違って、後ろから(あるいは上から)音楽全体を見ているという性格があるようで、単にドラムという楽器を叩くというプレイだけでなく、幅広い視点で音楽を捉えている様子がよくわかる。だから、この人の話は面白いのだ。

この本の前半は、赤い鳥や五輪真弓の話などが出てくる。赤い鳥つながりで、竹田一彦先生の名前も出てきてびっくり。あとは、赤い鳥のレコーディングでロスに行ったら、デビューアルバムの録音で来ていた五輪真弓が、そのデビューアルバムで共演したキャロル・キングを連れてきて、キャロル・キングが「これからダニー・ハサウェイのライブ聴きに行こう」と言うから一緒に行ったら、さらにジェイムズ・テイラー、カーリー・サイモン、カーペンターズが来て、みたいな、すごい話が続々と。

冬ざれた街/五輪真弓LIVE
その中で紹介されていたうちの一枚、五輪真弓「冬ざれた街」。このアルバムも、メンバーが豪華だ。村上秀一(dr)、深町純(pf)、石川鷹彦(ac-gt)、大村憲司(el-gt)、高水健司(ba)、村岡健(ss)。そして、そのサウンドは、深い。1970年代の、攻撃的で美しい音楽だ。

さて、この本、後半もなかなか面白そうだ。続いて読もうっと。

小澤征爾 指揮者を語る (100年インタビュー)

小澤征爾 指揮者を語る (100年インタビュー)

小澤征爾 指揮者を語る (100年インタビュー)を読んだ。NHKのインタビューをもとにした本。

2002年からウィーン国立歌劇場の音楽監督を務めていた小澤征爾が、素人目線での質問に答えてゆく内容。音楽のプロではない立場からの質問ばかりなので、とてもわかりやすい。

大きく分けると、ウィーン国立歌劇場の仕事の話、単身渡欧してからの修行の話、サイトウ・キネン・オーケストラの話、「指揮者とは?」の話。

指揮者が何をやっているのか、については「インバイトだぞ、指揮は」というカラヤンの言葉を使いながら説明しているのが、わかりやすい。そういう表現があるのだな。

他のいろんなメディアでも小澤征爾は早朝から勉強しているという話は読むが、このインタビューでは、ウィーン国立歌劇場の音楽監督室に、早いときは朝4時に来て10時の練習まで勉強すると語られている。この熱意は、見習わなくてはならんなぁ、と長年思ってるけど、全然実行できていない。できる人とできない人の、違いやなぁ

坂本龍一「音楽は自由にする」

音楽は自由にする

坂本龍一の「音楽は自由にする」を読んだ。坂本龍一が、幼少から現在(2007~2009頃)までを振り返る自伝的なエッセイ。

正直なところ、今まで坂本龍一の音楽にはそれほど興味はなかった。YMOは、中学生の頃に流行ったから耳にする機会はあったが、特段興味を持ったりすることはなかった。最近、NHKの「スコラ 音楽の学校」を見たりしてたのだが、それでも坂本龍一の音楽には興味なかった次第。

しかしこの本は、とても面白かった。ドビュッシーに感動してのめりこんだ少年時代の話に始まり、いつの間にかのプロとしての活動開始、高橋幸宏や細野晴臣との出会い、映画音楽の活動、YMO再開、などなど、音楽を軸とした人生が綴られている。やっぱり、この人も音楽が好きでたまらんのだなぁと感じながら、気持ちよく読み終えた。

坂本龍一のCD、買って聴いてみようかな。

私の履歴書・小澤征爾

日経新聞の「私の履歴書」、1月は指揮者・小澤征爾であった。毎日楽しみにして読んだが、昨日で終わり。食道がんとの闘病生活から復帰した小澤氏、これからの活躍にも期待したい。

ボクの音楽武者修行 (新潮文庫)
学生時代(って、もう20年前か)に読んだ「ボクの音楽武者修行」、当然ながら最近のことは書かれていないが、小澤氏のキャリアの前半が書かれていて、面白かった。スクーターを調達し、ギターをかついで船でパリに向かい、コンクールで優勝して、カラヤンやらバーンスタインやらに師事して・・・と、素人には羨ましいエキサイティングな話が盛りだくさん。でも、この本、処分してしまったみたいで手元にはもう、ない。

音楽 新潮文庫
この「音楽」(すごいタイトルやな)も、20年くらい前に読んだのよね。残念ながら、内容はあまりおぼえていない。というか、全然おぼえてない。学生時代、武満徹のギター曲を演奏したりしてて、その時に読んだという記憶がある。ただ、この本も、手元には残ってない。

あと、今までに録り溜めた小澤氏関連のテレビ番組、なかなか観ることができず、ひたすら溜まる一方。どうしたものか。

フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか

フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書)
浦久俊彦「フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか」を読んだ。正月休みにぶらっと書店に行って面白そうだと思って買ったものだが、なぜ面白そうだと思ったのかは、忘れた(笑)。最近、物忘れがひどくて自分でも心配だ。ま、それはいいとして(よくない)。

この本は、フランツ・リストが女たちを失神させた秘密を分析した本ではない。キャッチーな書名を決めたのは著者なのか出版社なのかわからんが、女たちが失神したメカニズムについて直接的に解説された箇所は少ない(一応、分析されてはいるが、本書の中心テーマとしては扱われていない)。基本的には、この本はリストの生い立ちから晩年に至るまでの生き様を綴った、伝記のようなものである。

これまで、リストには、天才・鬼才といったイメージを抱いていたのだが、この本で描かれているリストは、史上最強のピアニストでありながらも、心優しく包容力にあふれた人物である。本書ではそれを印象づける様々なエピソードが紹介されている。ショパンとの交流も、あたたかな友情によるものであったと考えられる。

結局、ピアノが巧いだけではなく、心優しい人物であったリストが、女たちを失神させるほどの魅力を放っていたということなのではないかと感じる。

日本ではショパンに比べて、評伝が少ないリストであるが、そのリストについて多くの情報を与えてくれる本であった。

津原泰水「ブラバン」

ブラバン (新潮文庫)

1980年、吹奏楽部に入部しコントラバスを演奏した主人公。高校卒業後、四半世紀が経ってから再結成の話が持ち上がる、というストーリーの小節。なんとなく書店で見かけて、買った。私自身はブラスバンドの経験はないし、管楽器は全く演奏できないのだが、このところ大学時代のギタークラブに何度か足を運んだり、先輩や同級生や後輩のボチボチ音楽に触れているという近況を聞いたりしたことと共鳴したので、読むことにした。

40歳を過ぎてからの再結成というあたり、今の自分に重ね合わせて読んでしまった。赤字のバー経営という、トホホな感じの主人公の設定も、なんかリアリティがあってイイ。

この本、作者自身も経験者らしくてやたらと音楽や楽器について詳細な描写がある。このあたり、読者を選ぶのかもしれないが、逆に音楽好きの人間にとっては、わりと引き込まれるものがある。

派手な映画のような大きな感動があるわけではないが、地味なわりに情熱的だった青春、四半世紀を過ぎて現実が見えてきてからの音楽に対する思い、など、共感し感情移入しながら読んでしまった。

絶対音感

絶対音感 (新潮文庫)

今さら、であるが、最相葉月「絶対音感」。ずっと前に買って途中まで読み、放置していたのだが、再度最初から読んでみたら、かなり面白かった。

手元のハードカバー本の奥付を見ると、1998年、第4刷とある。なぜ途中で放置していたのかというと、読み進める中で違和感を抱いていたから。どういうことかというと、著者が「絶対音感」という感覚/能力の存在を知ったのがわりと最近のようであったから。少なくとも、大人(社会人)になった後に、たまたま絶対音感を持つ人との会話の中で知った、という経緯が淡々と書かれていた。えっ、絶対音感という感覚/能力が存在することって、ごくごく一般常識じゃないの?何をいまさら!?と思った次第。実際、私の周囲には、音楽仲間じゃなくても普通に友達で絶対音感を持ってる奴とか昔からいたりして、へぇー、とか会話してたし、教育メソッドがあるのだから、絶対音感を持つ人間が「天才」とか思ったこともなかったし。

そんなわけで、何となく印象の悪い本として途中で読むのをやめて放置していたのを、最近、ふと再読してみようと思って、通勤電車の中で読み始めた。著者の絶対音感との出会いは相変わらず「ん?」と思ったり、パステルナークとスクリャービンの逸話に対する著者の解釈などもごく当たり前な話だったりするが、全体としてノンフィクションライターとしての調査は、かなり本格的。絶対音感をアホみたいに絶対視し、わが子に習得させようと必死になる親がいるとか、絶対音感といっても個人差(例えば、特定の音名に対する周波数の許容範囲)があるとか、相対音感との関係とか、現代音楽での絶対音感の利便性とか、内容は豊富である。インタビュー相手も、大物ミュージシャンや研究者などであり、とても興味深い。絶対音感を知らなかった著者が、ここまで優れたインタビューや情報の整理を行い、ストーリー性を持たせて一冊の本にまとめあげたのは、脱帽。楽しく読み進めてしまった。

趣味で音楽を楽しんでいる者にとっても、様々な点で示唆に富んだ内容のノンフィクション。

挑戦するピアニスト 独学の流儀

「挑戦するピアニスト 独学の流儀」(金子一朗)を読んだ。金子氏はアマチュアながら国内のトップレベルのコンクールで優勝するなどの実績があるピアニスト。アマチュアで楽器を演奏する身としては、気になる存在であった。

内容は、「アタマを使って効率的に練習し、品質の高い音楽を演奏するための方法論」が中心。重要なのは曲に対する分析であるという考え方に基づき、実際の譜例を用いた具体的な説明が書かれている。また、機械的な技術についても、論理的なアプローチをすることにより、できるだけラクな方法をとることができるよう考察されている。これらのアプローチにより、

  • 高齢であっても暗譜ができる(演奏中の「事故」リスクの低減)
  • 高齢であっても技術を維持できる
  • 単なる曲芸に終わらず、音楽の表現ができる

という理屈であり、非常に説得力がある。著者自身の経験や失敗談も述べられており、楽しく読むことができた。

おそらく、曲の分析に関しては、特別なことが述べられているのではないと思う。プロの演奏家にとっては当然の話なのかもしれない。しかし、アマチュアのピアニストがこのレベルのことを考え、練習することでプロに匹敵あるいは上回る品質の演奏をすることができているのだという事実は非常に興味深いし、元気が出てくる。ピアノを演奏しない演奏家にとっても、示唆に富んだ内容の一冊である。

自分も、よりアタマを使って音楽を演奏するようにしようと思った次第。

挑戦するピアニスト 独学の流儀