ジャズといえばシナトラなのか

ジャズといえば米国の音楽だから、米国人は皆、ジャズが大好きだ。という妄想を抱いていたが、全くそんなことはないのだということに、最近ようやく気づいた。

米国人と会話をする機会がちょこちょこあるのだが、ジャズの話題で盛り上がることは、まずない。私の経験上、ジャズの話をした時に、米国人が最もよく口にするのは、マイルスでもなく、サッチモでもなく、ビリー・ホリデイでもなく、実はフランク・シナトラ(ジャズファンではない一般的な米国人の話だが)。 “ジャズといえばシナトラなのか” の続きを読む

Jazz at Sanjo Vol.17 無事終了

Jazz at Sanjo Vol.17が無事に終了した。2018年9月17日(月祝)。メイン会場は京都府文化博物館別館ホール、サブ会場は三条通周辺のNHKホール、飲食店や楽器店、屋外など。メイン会場は関西を代表するミュージシャンがジョイントで演奏する豪華なステージだし、サブ会場もプロやアマチュアが様々なスタイルで演奏を繰り広げる。ちょうど夏が終わって過ごしやすくなる京都の風物詩ともいえるイベント。 “Jazz at Sanjo Vol.17 無事終了” の続きを読む

Pat Metheny – NEA Jazz Master Acceptance Speech


Pat Methenyが2018 NEA Jazz Mastersの一人に選出されて、そのTribute Concertの映像がNEAによって公開されている。 “Pat Metheny – NEA Jazz Master Acceptance Speech” の続きを読む

Jim Hall逝去

尊敬するJim Hallが、12月10日に自宅で亡くなった。

Jim Hall, Jazz Guitarist, Dies at 83

享年83。最近の映像では、さすがに指の動きに衰えが感じられてはいたが、それでも現役のトップクラスのプレイヤーだっただけに、ショックだ。来年1月にはRon Carterとの来日公演も予定されていたし。

Jim Hallのライブには行ったことがないが、CDは聴きまくってきた。これからも聴き続けるだろう。好きなアルバムは、まぁ月並みだが次の通り。ジャズギターを弾く人間なら、これら全て必携の教科書だと思う。

Undercurrent

Bill Evansとのデュオの傑作”Undercurrent”。これはもう、他に類を見ない美の頂点。ピアノ+ギターというデュオはたまにあるが、この境地にまで至ったものはないと思う。

アランフェス協奏曲

“Concierto”、いわゆるアランフェス協奏曲。Rodrigoの名曲を題材に、Jim Hallがそのユニークなスタイルを披露する。独特な「間」やリズムを聴かせつつ、落ち着いた大人のサウンドを展開。

Alone Together

Ron Carterとのデュオの傑作”Alone Together”。これも、ベース+ギターというデュオの頂点に立つ作品だ。シンプルで地味な編成なのに、これほどまでに広がりを創り出すJim Hallのギター。驚きだ。

ついに生で見ることができなかったJim Hallだが、ジャズギターに対する考え方は、これらのCDから多く学んだ。聴けば聴くほど、発見がある。

ご冥福を祈ります。

Mike Moreno Workshop

2013/05/29(水)19:30~、Mike Morenoのジャズギターワークショップに参加してきた。コンテンポラリーなスタイルのギタリストならこの人、という感じでよく語られる注目のギタリスト。

開場の20分ほど前に会場の三木楽器に到着してしまい、どうしようかと思ったら、既にギターを持った人々が数人並んでるではないか。早めに来てよかった、と思いながら列につく。

開場時間となり、2階にぞろぞろと入り、一番前の席を陣取る。一人一台、ギタースタンドを貸してくれたので皆、席の前に自分のギターを置く。ギターを持参しているのは10名足らずで、二列目以降はギターなしでの参加者。でもかなりの人数だ。ざっと見た感じでは、全部で70人くらい、あるいはそれ以上か。いかにこのギタリストが注目されているのかが、伺える。隣のギター持参のお兄さんが「めちゃくちゃ楽しみですね!」と話しかけてきた。なかなか熱い、いいねぇ!

さて、19:30になってMike Moreno登場。まずはT.MonkのEvidenceを演奏。トレードマークの浮遊感と潤いのある音色が、ソロギターの聴きやすさにつながっているようだ。心地よいグルーヴ。


ここからは、予想外の展開で、愛器Marchioneについての話。ルシアーMarchioneとの出会い、この楽器を製作してもらうまでの過程、完成してからの評価、などなど。Marchioneからの一方的な求愛(?)で製作されることとなったこの楽器、自分が注文をつけた点として、セミホロウのギターで、too acousticでないこと、サステインが十分にあること、ミッドレンジの音がしっかりしていること、一部の仕様についてGibson335と同じにすること、などを説明。実際に音を出しながらの説明で、説得力あった。三木楽器、いやMarchione恐るべし。

次に、Marchioneの新作が入荷されたとのことで、それをMikeが演奏し、コメント。いかにも楽器店でのイベントやな。

その後、いよいよワークショップ。Mikeからのレクチャは無し、全て質疑応答で進めるという、これまた予想外のスタイルだったが、これは結果的にはよかったと思う。様々な質問があり、それに対して的確に回答し、さらにその質問から発展した話題まで話してくれたりして、とても勉強になった。私も2つ質問して、いい回答をもらった。全体として、かなり勉強になった。よっしゃ!

で、一人の参加者がMikeとセッション。結局、その他のギター持参者は、皆、ギターを並べただけで一切演奏する機会なし。なんちゅーこっちゃ。ワークショップの中心であった質疑応答が良かったので満足ではあるが、こういうスタイルだというのは、予めゆーといてほしかったな。ワークショップが終わったのが21:00頃だったので、一時間半ほどMikeは喋りっぱなしだったわけやな。お疲れ様でした。

というわけで、一人を除きギターを弾くことがなかったギタリスト達が楽器を片付け、少し休憩を挟んで、Mike Moreno Quartetによるミニコンサート。長時間のワークショップをこなした後ということもあってか、2曲だけ演奏された。しかし、さすが一流のプロ、ものすごいテンションで素晴らしい演奏を聴かせてくれた。Mikeのソロは、本当にユニークなサウンドで興味深い。アンコール?という声もあったが、”Sorry”とのことで無し。お疲れだったとも思うが、本人もそんなに盛り上がってなかったのかな?

終演後、CDにサインしてもらい、握手。にこやかに話してくれて、感じよかったが、やはりお疲れの様子。

Another Way

FIRST IN MIND