Jazz Guitar Magazine Vol.3がすごい

Jazz Guitar Magazine Vol.3が届いた。発売日よりも早いぞ。この類のムックは、最近はそれほど楽しみにする感じでもなく、でもやはり気になるから欠かさずに入手するということを続けているのだが、今回のVol.3の内容はすごい。拍子にでかでかと「ギターの最先端はジャズにあり!」とある通り、コンテンポラリーなジャズギターシーンに関する幅広い内容がガッツリと特集されており、読みごたえ抜群。 “Jazz Guitar Magazine Vol.3がすごい” の続きを読む

目からウロコ流 交流セッション

「目からウロコのジャズギター」の菅野義孝先生の門下生交流ジャムセッションに参加。ジャズギターの生徒が集まり、飲み食いをしながらひたすらセッションをするという楽しいイベント。

飲み物は持ち寄りとのことなので、赤ワインを持って会場へ。参加者は10人。当たり前だが、ギタリストばかり。自己紹介をしてから、まずは5人ずつに分かれてそれぞれブルース、続いてデュオ5組。その後は入り乱れてスタンダードをどんどん弾きまくり。 “目からウロコ流 交流セッション” の続きを読む

セッション@浅草SOULTRANE

浅草のSOULTRANEでジャムセッション。ホストは、黒野治子(pf)、桜井郁雄(ba)。観光客に交じって、地図を見ながら浅草の江戸通りを北上し、スタートちょうどの頃に店に到着。とても素敵なマスターに場所を空けていただき、楽器を取り出したりビールを注文したり。 “セッション@浅草SOULTRANE” の続きを読む

昼セッション@さうりる

京都のさうりるで、日曜の昼セッション。セッションリーダは松原文子さん(pf)。エレガントなスタイルで人気のピアニスト。

電車に乗り、駅から歩いてのんびり到着。少し汗ばむくらいの天気の良さ。遅れて着いたから、外から見たら、既に演奏を開始している雰囲気。 “昼セッション@さうりる” の続きを読む

polytune clip入手。少しだけ注意点

物持ちが良い方なんだろうか、例えばiPodは10年前に買ったものを今も使い続けている。通勤カバンは9年ほど同じもの。名刺入れは社会人になってすぐに買ったものだから24年。メインで使っているフルアコギターは14年くらい。他にも色々あるけど、これら全て今も現役で、買い替える気はない。

そんなわけ9年ほど前に買ったKORGのクリップチューナーを使い続けてきたけど、ついに紛失してしまった。先日の会社イベントで落としたと思うんやけどなー。見つからないので新調することにした。 “polytune clip入手。少しだけ注意点” の続きを読む

A Wall Becomes A Bridge

Kendrick Scott Oracleの新アルバム”A Wall Becomes A Bridge”。もちろんギターはMike Moreno先生。

このアルバム、Oracleのトータルサウンドを聴かせる楽曲と演奏が中心であり、各プレイヤーが延々と派手にソロを弾きまくる(吹きまくる)ことがないのが大きな特徴。それでも当然のことながら各楽器の存在が必要にして十分であると感じさせる完璧な音楽。例えて言うならばPat Metheny Groupのような方向性だろうか。 “A Wall Becomes A Bridge” の続きを読む