ジャズギターおすすめ教則本(基礎)

ジャズギターを練習するにあたっての、基本的な書籍を紹介する。理論の勉強や、ジャズの練習方法、心構えなどについて書かれた本。

1. 理論
The Jazz Theory Book (Mark Levine)

The Jazz Theory Book

マークレヴィン ザ・ジャズ・セオリー

基本的な理論の勉強は必要。その意味では、Jazz Theory Bookは分厚くて内容が充実し過ぎていると思うが、豊富な譜例があって面白いので、飽きずに読み進むことができる。英語版でも平易な英語で読みやすいが、日本語版でも良いかもしれない。

当ブログでの過去の紹介文

2. 曲集
(1) ジャズ・スタンダード・バイブル(納浩一)

ジャズ・スタンダード・バイブル ~セッションに役立つ不朽の227曲 (CD付き)

上達のために不可欠なのが、ジャムセッション参加。セッションでよく演奏されるのがスタンダード。なので、スタンダード曲をたくさん知っておくことが重要。スタンダード曲集の類はいくつか出版されているが、この「ジャズ・スタンダード・バイブル」は多くのジャムセッションで参加者から「黒本」の愛称で愛用されている、ほぼ業界標準となっているもの。ジャズを志す者なら、持っていて損はない、というか必携といってよいだろう。

(2) ジャズ・スタンダード・コレクション(菅野義孝)

セッションの現場ですぐに使えるジャズ・スタンダード・コレクション100

上記「黒本」の他にも、この「ジャズ・スタンダード・コレクション」もスタンダード曲集として高い人気を得ている本である。「白本」の愛称で親しまれている。この本、黒本よりも収録曲数が少ないが、いくつかの点において黒本よりも使い勝手が良い。各曲のコード進行の分析が見開き右ページにきっちり記載されているので、アドリブや転調などの目的にはピッタリである。練習のお供として手元に置いておきたい。私は黒本→白本の順に入手したので両方持っているが、もし片方しか入手しないのであれば、初心者は白本、中級以上なら黒本、かなぁ

3. その他

(1) ジャズの壁を超える100のアイディア(布川俊樹)

ジャズの壁を超える100のアイディア (jazz guitar book Presents)

ジャズを演奏するために、どのような練習をすればよいのか、何が大事なのか、などがQ&A形式でわかりやすく解説されている。ギターに特化した技術や練習法についても書かれているので、ジャズギターを練習する者にとっては、まるごと一冊、しゃぶりつくせる本だ。以前、著者布川氏のウェブサイトに掲載されていた非常に有名なQ&Aコーナーをベースにしたもの。私はもう、何度も読み返したが、読むたびに気づきを与えてくれる名著。

(2) ジャズギター理論読本(矢堀孝一)

矢堀孝一のギター理論読本
書名は「理論読本」だが、一般的に「理論」と呼ばれているものの解説書ではないので、冒頭の「1. 理論」の項に分類しなかった。どちらかというと「理論」とどのように付き合うべきか、について著者自身の考え方を紹介している本。ではあるが、「理論」とは直接関係なさそうな多彩なテーマについて語っている章も多く、そのいずれもが非常に興味深いし、矢堀氏ならではの理知的なアプローチでジャズギターの上達法を追求した話題ばかりで、非常にためになる。この本も、私は折に触れて書棚から取り出して読み返している。