清水くるみカルテット@blue noteならまち

清水くるみカルテットのアルバム発売記念ツアー、奈良のblue noteにて。6月28日(日)午後。清水くるみ(pf)、津上研太(as)、石川隆一(ba)、力武 誠(ds)。

東京のセッションでよくお世話になる清水さんのカルテットの西日本方面のツアー。カルテットのアルバム発売記念ライヴは、実は西荻窪のアケタの店で観戦して感銘を受けたのだが、あのサウンドが西日本でも聴けるっちゅーのは幸せなことだ。 “清水くるみカルテット@blue noteならまち” の続きを読む

セッション再開

日本が徐々に日常を取り戻す中、プライベートなセッションに誘っていただいたので、参加。

外出ができない世の中となり、部屋の中でクラシックギターを弾いてみたりYouTubeでブラジル音楽を聴いたりしてそれなりに楽しんではいたものの、セッションに行くことはできず、なんだかなーと思っていたところ。 “セッション再開” の続きを読む

早起きは絶対にしない

早起きは絶対にしないことにしている。

世の中、一般的には「デキる人=早起き」ということになっているので、早起きを実践して朝型人間になり、デキる人になりたいところだが、私は早起きはしない。学生時代から早起きへの憧れは強く、何度もチャレンジしたが失敗。三日坊主にも至らず、ほぼ一日坊主という感じで終わるということを繰り返してきた。頑張って早朝に目覚めはするのだが、二度寝の誘惑には抗いがたく、結局は精神面で敗北を繰り返していると言える。 “早起きは絶対にしない” の続きを読む

La Fusa

新型コロナの影響で外出自粛となり、家で久しぶりにクラシックギターの練習をしたりしている流れで、ブラジル音楽を多く聴いている。

これ、1970年リリース、ブエノスアイレスで録音された疑似ライヴ盤。ライヴ録音がうまくいかなかったから、スタジオ録音したものにライヴ時の拍手をミックスしたとか。それにしても、めっちゃええやないか。この時代の空気と楽曲と演奏が見事に一致し、無二の音楽を聴かせる。 “La Fusa” の続きを読む

追悼 志村けん

こんな形で志村けんが逝ってしまうとは思いもよらなかった。享年70って、若すぎるやろ。ショックが大きすぎる。

私(の世代)にとって、志村けんといえば、何といっても「8時だヨ!全員集合」。毎週土曜の晩はテレビの前で爆笑し、翌週の月曜には学校で皆で志村けんの新しいネタを真似する、というのが習慣だった。 “追悼 志村けん” の続きを読む

金谷幸三「ラブ・ソングス」

クラシックギターの、どえらいアルバムが現れた。関西を中心に活躍される名手・金谷幸三氏による小品集「ラブ・ソングス」。金谷氏のCDでは、以前「失われし望み≠FORLORNE HOPE」(レコード芸術誌「準特選」)の美しさに衝撃を受け、当ブログでも「クラシックギターの本当の美しさを知りたい人には、真っ先にこのCDを薦める」と書いたが、今回の「ラブ・ソングス」は、これまたすごい。限りなく洒落たセンスで美しく歌うギターを堪能できる極上の一枚だ。 “金谷幸三「ラブ・ソングス」” の続きを読む