部屋を整える

幼少の頃から整理整頓ができない性格で、そのわりに本などはどんどん手に入れてしまうのでたちが悪い。折に触れてモノを減らしてきたり、特に最近は、ご多分に漏れず断捨離などに精を出しているが、理想的な生活スタイルとは程遠い。

気になるのはミュージシャンの部屋。最も気になるMike Moreno先生の部屋は、先生ご自身がわりと頻繁にInstagramにアップされているので、色々とわかる。日当たりが良くて明るい部屋の中、とてもスッキリしているという印象。日常的にこの整い具合なのか確証はないものの、自身の音楽や練習方針などに関する言動とマッチした雰囲気なので、おそらくいつもこれくらいスッキリしているのだろう。曲を勉強するときには「リードシートを入手するのではなく、自分の耳で勉強しなはれ」というだけあって、楽譜を収納する本棚のようなものが見当たらない。ローボードのような収納家具があって、そこにわずかな書類などが入っていそうな感じ。教則本なんかもほとんど読まない人だし、音楽に関してはほぼ全て「耳」から学んだ大先生らしいスタイルだ。

あとは、大先生が部屋から発信する動画で目立つタペストリーとパキラがいい感じ。意外に硬そうな椅子。コーヒーメーカーとエスプレッソマシン。耳がいい人は、こういうシンプルな設備でも世界を魅了する音楽をクリエイトできるのか。サル君な私も、視覚に頼らず耳を鍛えよう。

John McLaughlinの部屋(というか、自宅スタジオ)も、アルバムThieves and Poetsのジャケットで有名。jazz guitar book vol.20でも紹介されている。モナコのモンテカルロ、やはり気持ちよい日差しが入るようだが、Mike Morenoの部屋よりも重厚な雰囲気。壁には本やCD、機材が詰まっている。

本やCDの数は決して多くなくて、適量なのかも。こうやって好きなものに囲まれる部屋っていう意味では、モノの量は異なれど、Mike Morenoと同じなのかも。

自分にとって大切なものと、その適量っていうのはどんなもんだろうか。とりあえず、しばらくは量を減らし続けてみることにする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です